ホルモンバランスの崩れ

white pills

更年期障害とは

女性の更年期障害というのは50歳前後の閉経の時に起こります。閉経をしたことで卵胞ホルモンが低下してしまい、ホルモンバランスが崩れることで更年期障害になってしまうのです。更年期障害になっているかどうかをチェックするためにも、その症状を知っておきましょう。

更年期障害の症状

・めまい
・身体がほてる
・記憶力などの衰え
・冷え性
・むくみ
・トイレが近くなる
・苛立ちやすい
・寝付きが悪くなる
・動機、息切れ
・乾燥肌
・うつ状態になる
・頭痛
・疲弊し易い、疲れが取れない
・汗をよく掻くようになる
・手足や肩、腰に痛みを感じる

更年期障害を治すためには女性ホルモン剤が効果的です。
女性ホルモン剤には卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれています。女性ホルモン剤はホルモンバランスが崩れた時に、それを調整するために服用をします。ホルモンバランスが崩れてしまうと、更年期障害や生理不順などに繋がります。なのでそれらを予防、または治療するためには女性ホルモン剤が効果的なんです。乳ガンや子宮ガン、不妊症などの治療にも効果を発揮してくれます。
女性ホルモン剤を服用することで体内のホルモンバランスを整えていきます。そうすることで更年期障害の症状を緩和させていってくれるのです。
他にも女性ホルモン剤には避妊効果も期待できます。卵胞ホルモンと黄体ホルモンは妊娠に深い関わりのあるホルモンです。この2つのホルモンを摂取することで、脳を妊娠している状態にし、排卵を止めてくれるのです。
用途に分けて女性ホルモン剤を活用していきましょう。